2013年08月17日

映画監督

どうも。

クロヤナギです。

平々凡々継続中です。

皆さん、いかがお過ごしですか?



2013.8.6(Tue)@東高円寺二万電圧
にお越し下さった皆さま、本当にありがとうございました!

久々の二万電圧、楽しく過ごせました!

さぁ、そして来週はこちらが控えています!


2013.8.23(Fri)
happy is a moment presents「mono-mal vol.2」
@三軒茶屋Grapefruit Moon
happy is a moment / mellberi / half moon make love
OPEN 18:50 / START 20:00
charge \1,900(+1drink)
※20時まで自由参加型フリーセッション!

久々のhappy is a moment単体企画です!

是非是非宜しくお願いします!



では、今週の1本です!どぞ!


cut.西島.jpg


「CUT」です!


cut_1-300x199.jpg
(画像はこちらのサイトからhttp://mini-theater.com/2011/11/30/cut-q-a/)


監督はイランの名匠アミール・ナデリ監督(写真中央)です!

両脇を固めるのは出演された西島秀俊さん(写真右)、常盤貴子さん(写真左)!


ナデリ監督の映画は初めて観ました。

名前も初めて知りました。

「なんだかよく分からないんだけど、この人の撮る作品きっと凄そう」って感想があります!

他の作品もこれから観てみたいなぁ。




今回のストーリーはというと、西島さん演じる秀二は売れない映画監督です。

ある日突然、兄が殺されたことを知らされます。

兄は弟(秀二)の映画制作費を工面するため、堅気ではない仕事をやりだし、

他所の組とのトラブルになり、その報復として殺されてしまったと言います。

秀二に残されたのは、兄が工面し続けた映画制作費としての「巨額の借金」。

これを秀二は「殴られ屋」としてお金を稼ぎ、借金返済に回していくのですが・・・。




この内容から、必然的に相当シリアスな暴力シーンが続きます。

でも、この暴力に耐える秀二を見ることで、

秀二の映画に対する、兄に対する底知れない愛情や情熱を実感してしまいます。

「気持」という度量衡が不確定なものを受けて側が実感として、

この人は本気なんだな

って思わせるのって、余程のことな気がします。

たぶん「自分の命と引き換えに」ぐらいのことじゃないかな。

秀二は、黒沢明・溝口健二・小津安二郎という日本映画の巨匠たちを、心から尊敬しているのですが、

僕も、この3人の巨匠が気になってきました!
(そして、なによりもナデリ監督自身が
「私は20年ほど世界中で日本映画について教えるということを行ってきました」
という程に、この3人を尊敬しているのでしょう)

後は、ナデリ監督同様イラン人監督のアッバス・キアロスタミ監督。
(以前に友人から薦められていたのを思い出しました)

キューブリックを観終わってから、「どうしようかなぁ」

と煮え切らない感じでいたんですけど、いつもの「良いかも」ってなんとなく借りた作品と、

この辺りの監督達や他の日本人監督を色々観てみようかと思います。




それでは今日はこの辺で!(笑)

さようなら〜!
posted by suthpire at 01:59| Comment(0) | クロヤナギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

father

どうも。

クロヤナギです。

平々凡々継続中です。

皆さんはいかがお過ごしですか?





27日(土)
happy is a moment & SxAxCx presents「mono-mission vol.1」@落合soup

お越し頂きました皆さん(旧友からバンド関連の方まで)、本当にありがとうございました!

来ていただけるって本当にありがたいです!

そして、出演者の皆さん、(僕自身出演者で企画側なんですが)本当に良い時間を過ごさせて頂きました!

楽しかったぁーっ!!!(笑)

毎回、こういう日の後は思うわけですけど、「(自分に対して)いかんな。だめだな。」が、

しっかりと実感を伴って湧き上がってきます・・・(笑)

そして、soupスタッフのお二人、本当にお世話になりました!

初めて出させて頂きましたが、色々なお話も出来て(まさに色々とでした)とても素敵な1日でした!!!

また、お世話になることもあると思いますので、その時は何卒よろしくお願いいたします!!!





さて、今日は久々の「今週の1本」です!

でも、観たのはだいたい2週間ぐらい前なんだけど(笑)

ということで、行きましょう!

こちらです!



アイカムウィズザレインjpg.jpg



「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」ですっ!

ネットでの評価がなかなか酷いこの作品ですが(笑)、

ご覧の通り出演者はジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン、

とスターだらけです!

そして監督は、映画「ノルウェイの森」のトラン・アン・ユン監督!

サウンドトラックには、こちらも「ノルウェイの森」でもタッグを組んだジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)、

映画「バベル」からグスターボ・サンタオラヤの両者を招いております!

お金掛かってますです、はい。



作品は「キリストの受難」を描いているそうで、作品の後半には、画家フランシス・ベーコンの

「三副対」(画像載せちゃうと完全ネタバレだから載せません、って、遅いかな?)

が、実際に・・・とか。

(特別に劇的な事も起こらないし、気持ちよく観終われる作品だとは思わないですけど)

ぼくは、案外すぅーっと観れた気がしま。




木村さんが演じる「シタオ」は、他人の傷や痛みを自分の身体に移し変える特殊な能力を持っています。

ケガ人、病人たちは救われていくのですが、

その結果、自分が酷い苦痛・激痛に襲われ、自らがその痛みを乗り越えなければならなくなります・・・。



他人の痛みを自分が引き受ける・預かる

というのは、なかなか容易く出来るものではないと思います。

(僕がなんか、せいぜい頑張って、家族とか家族に近しいと感じてる人たちだけです。

それも、実際に身体的にって事は不可能で「気持だけでも」ってことで。)

引き受けて、留めて、許して。

というか僕なんか、留めきれないから音楽とか、

こんな効率の悪い仕方でしか物事の整理が出来ないんだろうな(笑)

「こういうことだ」って腑に落ちたり、身体の中の異物が蒸発したり、無に帰したり、許したり出来れば良いだけの話なんだろうな。

事後的にしか、自分の思っていたことも(それも過少にしか)理解できないし、

(事後とは言っても言葉じゃなく)音楽だから、意味なんて確実に読みとれないし。

すみません。だいぶ話が反れました(笑)

自分でも思わぬ方向に進みました(笑)

では、今日はこの辺で!

さようなら〜っ!
posted by suthpire at 17:04| Comment(0) | クロヤナギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

intermission 6

どうも。

クロヤナギです。

平々凡々継続中です。

皆さんはいかがお過ごしですか?



ここ最近のブログはですね、ウチのナイスドラマー・タナカ君に頑張ってもらってます!

「お前も頑張れ」

って事なんで、今日は久々に書いていきます!



先ずは、ライヴ告知なんですがこれが非常に大切なライヴ告知です!

ということで、ドン!

_ 逕蜒 2013-07-08.jpg

2013.7.27(Sat)
happy is a moment & SxAxCx presents「mono-mission vol.1」
@落合soup
happy is a moment / SxAxCx / Fallopian Disco Force
cubic star minimal orchestra / SiNE
open/19:30 start/20:00
charge¥1,500

という訳でして、「happy is a moment & SxAxCx presents」でお送りいたします!

是非遊びに来て下さい!!!
よろしくお願いいたします!!!



ここ最近は、相変わらず何の変化も無い生活を送ってます。

「何の変化も無い」って良いことなんじゃないか?

と最近思ったりします。
(※自分に対しての刺激とか、考え方の変化や成長は勿論あった方が良いと思います)

言い換えると、「生活のリズム」があるって良いなぁって事です。

10代の時は、学校生活なんか時間割で生活してたりして、案外に結構良い環境だったんじゃないかと思うようになりました。


僕は基本的に「インドア」で、さらに言えば「内向的」だと思うんですけど、

ちょっと「山登り」なんかに興味が出てきて、バンドの僕以外のメンバーは外に出ることに関して、

そんなに嫌いだったり億劫だったりしないと思うので、

僕も一緒に遊びに行けそうなものが増えたので、ちょっと嬉しいです。

ってまだ何の登山の予定も無いんだけど(笑)

それに、色々必要な物(例えば靴とかバッグとかウェアとか)揃えるってなると、お金も掛かるんだろうな(笑)




「山登り」もやりたい事の1つですけども、読みたい本も色々出てきて困ってます。

と言っても、5月には既に読み出している

村上春樹著「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」 

が2ヶ月後、この7月の下旬になった今でも未だ「上巻」という進まなさ(笑)

友達が薦めてくれたものや、自分が勝手に興味が湧いたもの。

書き出しても意味が無いし、それに今はなんの感想も述べれないので書きませんけど、

楽しみがあるってのは素敵なことだ

ってことで今回は終わりたい思います(笑)

それでは今日はこの辺で!

さようなら〜っ!




今週の1曲

ここ最近の僕の楽しみです!

posted by suthpire at 16:56| Comment(0) | クロヤナギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。